ホーム » 自分で染める » 手軽な白髪隠しに、試行錯誤を重ね出会った優れ物。

手軽な白髪隠しに、試行錯誤を重ね出会った優れ物。

40代女性にとって白髪をカラーリングするのは、簡単ではないと感じます。

20代の女性なら、アッシュ、オレンジ等の様々なカラーリングを選択出来ますが、保守的になった40代女性は、あまりに明るい色だと白髪も浮いて見えます。
そして、経済的にもリタッチの金額を考えると、美容室に行って頻繁に染める事はためらわれます。

40代の女性にとって、金満家でもない限り、少し白髪が出てきたからといってすぐに美容室でカラーリングというのは、経済的にも時間的にも躊躇する事なのです。
そこで、自宅でカラーリングとなりますが、これは手軽の様でいて私的には手軽ではありませんでした。

ホームカラーリング剤は1000円前後で、経済的ですが、上手く白髪が染めれるかというと不器用な人は難しいです。
どうしても白髪が染まっていない部分も出てきます。

そして、一度染めて短期間で染めなおすと、髪が傷みます。自宅でカラーリングは簡単な様でいて簡単ではないのです。
そこでヘナを手軽な白髪隠しとして、推薦出来ます。

なぜならば、ヘナはトリートメント効果もあり、いつでも染めて良く、例えば夜にヘナを髪に塗ります。ラップで頭を包みそのまま一晩眠る事も出来ます。

朝にお湯で洗い流して乾かすと、自然な色に染まっていて髪もツヤツヤになっています。
ヘナの基本色はオレンジですが、色々なカラーも楽しめます。

また、夜にヘナを塗ればそのまま眠っても、髪が傷む事がない、そして100均ショップにも格安ヘナが売っていて、白髪がキレイに染まるリーズナブルさも、手軽に白髪隠しが出来ると言えます。

ちょっとしたコツで簡単に上手な白髪染めが出来ます

40代を迎える頃から、チラチラ目立ってくる白髪。美容院で白髪染めをすれば直ぐに数千円の費用が出ていきます。

確かに美容院の白髪染めは、染上りも完璧で良いのですが、髪は伸びてきてしまうので直ぐに根元は白くなってしまいます。もっと手軽に白髪染めが出来たら、いつも若々しくいられますよね。

もっと気軽に、市販の白髪染めで上手にカラーリングが出来ればと思う方も多いと思いますが、ちょっとしたコツを掴むことで、自宅でも上手に白髪染めが出来るようになるようです。

市販の白髪染めで、自宅で上手に白髪染め出来れば、美容院でお願いしなくても、手軽にお財布にも優しいものになると思います。

白髪染めは入浴時などにすることが多いと思いますが、髪にワックスやムースなどの余分な油分が残っていると上手く染め上がりません。

出来れば、一度シャンプーをして清潔な髪の状態にし、一度軽くドライヤーで乾かした髪の状態で使うのがベストです。
でも、それでは面倒ですよね。手軽にとは言い難いです。一応、白髪染めを使う際のベストな状態と、参考にして下さい。

また、白髪染め商品の説明書に書かれている使用量はちゃんと使いましょう。ここは節約する場面ではありません。

ドラッグストアなどで白髪染めを購入すれば、美容院で白髪染めをお願いするよりずっと費用は抑えられている筈なので、しっかりとした量を髪全体に馴染ませることが大切です。特に生え際は染まりにくいので、たっぷり塗るようにした方が良いと思います。

男性の場合も基本的には同じですが、短い髪型が多いので染めやすいと思います。ただ、染めることに抵抗が有る方も多いので、染めたことが解らないくらい自然に隠す方が好まれます。
>>男性用の白髪染めに関してはこちらで詳しく紹介されています。

ラストとしてコツというか裏技的になりますが、白髪染めを髪全体に馴染ませた後、ラップを巻くというものです。
白髪染めは温度が高い方が染まりやすいことは良く知られていることです。

そもそも入浴時に白髪染めを使う理由の1つに、汚れても直ぐに洗えることの他に、室温が高いことが上げられます。

そのことに加えて、髪にラップを巻くことで体温が逃げにくくなり、所謂「蒸らし」効果があるのです。白髪染めが髪全体に浸透し、綺麗に染め上がる効果が期待出来ます。

市販の白髪染めは、ドラッグストアなどの特売を利用すれば数百円から用意出来ます。
ちょっとしたコツで綺麗に白髪染めが出来るなら費用的にも手軽に出来ると思います。

髪がなるべく清潔な時に、使う量はたっぷりと、髪全体に染み込ませる為にラップを巻いてみる。
この3点を意識してみることで、手軽にずっと綺麗に白髪染めが出来ると思います。